エマウスの活動内容
小さな子どもたちの共和国
路上での教育活動
芸術教育
アルチ・ジ・ヴィヴェール
 (生きる術)
   アルチの子どもたち
   アルチのリサイクルショップ
    他の地域の子どもとともに
    ーFazer outro bonito
    アルチの毎日 
   (現地報告のブログです!)
ペーパー・リサイクル
自営業者のための
 職業訓練
企業インターン
アルチのリサイクルショップ (Reciclando a Arte)



 2001年、エマウスの活動に賛同するベレンのアパレルショップC&Aが、見本品やもう売れなくなってしまった洋服を寄付しました。アルチのメンバーは、段ボール何十箱におよぶ洋服を、リサイクルショップを作って売ることにしました。もちろん自分たちの作品も一緒に並べます。近所に住む貧しい人たちに格安で洋服を買ってもらい、同時に自分たちの活動も知ってもらおうというプロジェクトが始まりました。

 アルチの子どもたちは毎日、洋服をたたみなおし、値段をつける作業にとりかかりました。箱から出てくるいろんな洋服を手に取るたびに、子どもたちはうきうき。

「私このTシャツが着たーい!」
「私はこのスカートがいい〜」
「あなたはこっちのが似合うよ」

「せっかくお店を開くのだから、盛大な開店イベントをやろう!」
「それでイベントでファッションショーをやったら楽しいんじゃない?!」

「自分が着たいんでしょ〜」

 子どもたちのアイデアから生まれた「アルチのリサイクルショップ」開店イベント。みんな自分のとっておきのコーディネートを考えます。当日は、スタッフやC&Aの社員がヘア&メイクアップアーティストとなって、子どもたちをプロ顔負けのモデルに作り上げました。イベントはもちろん大成功!近所の人だけじゃなく、子どもたちやスタッフの家族がたくさん集まり、みんなでショッピングを楽しみました。





 リサイクルショップの店番や一日の売り上げのチェックは、アルチの子どもたちに任されています。もちろん働いた分のお給料がもらえます。自営業のシステムを少しずつ学ぶことは、お店を任されること、お金を扱うことの責任を理解する社会教育にもなっているのです。




Copyright(C) 2020 Movimento República de Emaús Japan ALL Rights Reserved.