エマウスの活動内容
小さな子どもたちの共和国
路上での教育活動
芸術教育
アルチ・ジ・ヴィヴェール
 (生きる術)
   アルチの子どもたち
   アルチのリサイクルショップ
   他の地域の子どもとともに
    ーFazer outro bonito
   アルチの毎日 
   (現地報告のブログです!)
ペーパー・リサイクル
自営業者のための
 職業訓練
企業インターン
他の地域の子どもとともに Fazer outro bonito)






 「自分がアルチで体験したような活動に、もっとたくさんの子どもたちが参加できるようにしたい!」という子どもの声から生まれたプロジェクトが「ファゼール・オウトロ・ボニート(Fazer outro bonito)」です。「他の人を輝かせる」という意味のあるこのプロジェクトは、アルチの作品の展示会を市の美術館で行なった時にはじまります。
 偶然その展示会をのぞいたブラジルユニセフの職員が、人形や絵葉書といった作品のクリエイティビティに心を奪われ、立ち止まりました。女の子たちの話を聞いて、アルチの活動に資金協力を申し出ようとします。そのとき、その場にいたアルチの女の子たちに「もし資金をもらえるとしたらどういう活動をしたい?と聞くと「私たちはアルチの活動のおかげで嬉しいことや楽しいことをたくさん経験できた。でも、ベレンにはまだ多くの子どもたちが文化的な活動に参加できていない。アルチみたいな学校を作りたい!」と答えたのです。


 アルチの女の子たちは、ベレンのなかでも貧しい地域であるバレイロ地区に学校を作りたい、と考えました。しかし、ユニセフの資金だけでは学校を建てることはできません。その頃バレイロには小学校が二つあり、子どもたちの多くがそこに通っていました。アルチの女の子たちがその計画について話に行くと、コマンダンチ・クラウタウ小学校の校長先生が、放課後と休日に教室を提供してくれることになりました。こうして、バレイロでのFOBプロジェクトがはじまりました。



活動内容は、人形劇にダンス、カポエイラ、布へのペインティングや絵葉書作り・・・ 放課後や休日は地域の子どもたちでいっぱいになります。コーディネート&先生役は以前アルチの生徒だった女の子たちです。アルチを卒業した子どもたちが、他の場所で子どもの居場所を新たに作ってゆく。豊かになるって本当はこういうことなのかな、と思います。 





Copyright(C) 2020 Movimento República de Emaús Japan ALL Rights Reserved.