エマウスの活動内容

小さな子どもたちの共和国
路上での教育活動
芸術教育
アルチ・ジ・ヴィヴェール
 (生きる術)
ペーパー・リサイクル
自営業者のための
 職業訓練
企業インターン
路上での教育活動



アイス売りの男の子と
  

路上で働く子どもたちの多くは、都市スラムに住んでいる家族の子どもたちです。家族の生活を支えるために、親と一緒に働くときもあれば、親は働かずに子どもたちだけ働きに行かされることもあります。また、ストリートチルドレンという路上で暮らす子どもたちは、家庭内暴力や自由な生活を求めて、一番安心できる場所であるはずの家を自ら出ることが多く、その理由はさまざまです。



エマウスのスタッフであるストリート・エデュケーター(路上教育者)は、路上で働く子どもたち、路上で寝泊りをする子どもたちの集まる場所に毎日出かけて行き、絵を描いたり工作をして遊びながら、子どもたちの一人ひとりに話しかけ、彼らの抱えている問題を直接聞きます。



子どもたちは自ら路上生活を望んでいるケースもあるので、その原因を一緒に探すためにストリート・エデケーターは根気良く路上に通い続けます。そして子どもたち自身が「今の状況を変えたい」と自分で思うようになったら、次の段階のプロジェクトに子どもたちを誘います。 
   

Copyright(C) 2018 Movimento República de Emaús Japan ALL Rights Reserved.